母の日に涙【ママ感動】の手紙の書き方

 


母の日、それはママへの感謝を伝えるチャンス

あなたにとって「母の日」とは何ですか?

この答えは人それぞれ様々です。普段から些細なことでも「ありがとう」等感謝の気持ちを伝えている人にとっては、なにかプレゼントを贈る日。普段はなかなか「感謝を伝えられない人」にとっては感謝の言葉を伝える日。独り暮らしや結婚などで「別々に暮らしている」のであれば、会いにいに行くことが母の日のプレゼントになったりもします。

その人の状況によって、母の日の贈り物でベストなものは変わるので、なかなか「これをプレゼントしておけば間違いない」というものがありません。そんな中でも人気が高く喜ばれるのではカーネーションの花束。

当然花束だけでも嬉しいものなのですが、今このページを見ているあなたはきっと、今年の母の日はいつもより力が入っているハズです。せっかく「特別なものにしたい」という気持ちが強い母の日なので、想いを込めて選んだプレゼントの中に手紙をプラスして、感動の母の日をプレゼントしたいと思いませんか?

母の日のプレゼント写真

そんなあなたに感動する手紙書き方をプレゼントするのがこのページ。最後まで読んで頂けると「母の日になにを伝えたかったのか。」その答えがあなたの胸の奥から湧き出てくることと思います。その想いを母の日のプレゼントにしてください。

感謝の手紙は【最高のプレゼント】

感謝の手紙こそ最高のプレゼントです。綺麗なカーネーションを選んでも、美味しいスイーツを選んでも、話題のブリザードフラワーを選んでも、どれを選んだとしても、最も喜ばれるのはそっと添えられた感謝の想いがつづられた手紙です。この手紙は関わってきた時間が長ければ長いほど、楽しい時間を共にしていればいるほど、辛い時期を経験していればいるほどにその手紙は受け取った側も渡した側にも「計り知れない喜び」という名の感動を与えることになるのです。

手紙には想いさえ込められていれば形なんてどうでもいいものです。「読みやすく構成されていなくても」「誤字脱字があっても」「字が下手くそでも」そんなことはどうでもよくて、「ただ想いを込めて書いてくれた」ことが、何よりも嬉しく感じる。それが手紙というものです。

母の日の手紙【ポイントだけは押さえる!】

この長い文章を、ここまで読んで頂けているあなたは、本当に今年の母の日に対する思い入れが強いのだと思います。そんなあなたに「母の日を特別なものにする感謝の手紙の書き方」をご紹介していきたいと思います。

まず下のポイントををご覧ください。

  1. お母さんの好きなところ

  2. お礼を言いたいこと

  3. 子供の頃の思い出(楽しい)

  4. お母さんの印象的な言葉(嬉しい)

  5. お母さんへ謝りたいこと(ケンカ等)

  6. お母さんとの印象的な出来事

  7. お母さんとそっくりと言われて嬉しいこと

  8. お母さんに望んでいること(健康でいてね等)

今紹介したポイントは「母の日の手紙で喜ばれる内容」をまとめたものです。ほとんどの方はこの項目についてなにかしらの思い出が浮かんでくることと思います。しかし、すべての想いを手紙に詰め込めばいいというものではないので、この8項目からさらにポイントを絞っていきたいと思います。次のページへ進んでください。

次のページはこちら

ポイントを5つに絞ります。

関連記事

ひな祭り1-1

女の子のお祭り♪ひな祭りの楽しみ方♪

お花見に必要なもの

お花見に必要な【便利な持ち物編】

【お花見スポット桜満開】神奈川県の5つの名所と開花予想

桜

【桜山公園】桜の開花予想とアクセス方法

桜

特別名勝兼六園の桜。開花予想日「食事処とアクセス方法」

こどもの日のメニュー

子供の日の人気メニューを紹介します♪