サッカー日本代表は本当に強くなったのか?世界との差は埋まらないのか?

 

サッカー

最近海外で活躍する日本人が当たり前の様に出てきました。
一つのクラブチームの優勝に貢献できる選手までいるほどです。

でも、なかなか日本は国際試合、特に自国より格上の相手と戦う時には結果が出ないというのも現状です。日本が今後、世界で確約できる様なチームに果たして成長していくのでしょうか。少し考えてみましょう。

サッカー日本代表は本当に強くなったのか?

そもそも、日本のサッカーは本当に強くなったのでしょうか。

答えは、強くなったと言えるでしょう。冒頭でも考えた様に、海外のプロチームで活躍する選手が何人もいたり、Jリーグのレベルも確実に上がってきています。

香川選手や岡崎選手など、サッカーにあまり興味がない様な人でも知っている選手も大勢いますね。

ですから、確実に日本のサッカーのレベルは上がっているといえるでしょう。

埋まらない世界のサッカーと日本の差

では、なぜ日本は試合に勝てないのでしょうか。

ワールドカップで一勝もできないという状態が続いてしまうのでしょうか。

一言で言えば、日本以上に世界のレベルが上がっているからです。

確かに世界で活躍する日本人が増えたのも事実です。しかし、世界のトップレベルの国では、全員が活躍している選手なのです。

また、日本のJリーグのレベルにもまだまだ問題があります。最近は、良い選手が海外に出て行く一方で、良い選手がJリーグになかなか入って来ません。

少しまえは、全盛期ではなくても、名前の有名な選手、(ジーコやストイコビッチなど)がプレーしていました。そうすることで、日本の選手がより身近に世界のプレーを見たり、体感できたりしたのです。でも、今は、実際に海外に行かないと体感できません。

また、行っても試合に出るチャンスが少なかったり、リーグのレベルが低かったりと、本当の意味で世界のトップレベルのプレーを身につけていないというのが現状といえるかもしれません。

サッカー日本代表が強くなるためには

では、今後日本が世界で戦える国になるにはどうすればよいのでしょうか。

例えば、日本のサッカーはパスが早い、コンビネーションが良い、よく走るという長所があるようです。

そうした長所を伸ばせばよいのでしょうか。

外国のチームの試合を見てみると、明らかに日本よりコンビネーションのいいチームがたくさんあります。

パス回しが早いチームもたくさんあります。

少し問題なのが、日本の文化が、子供のころからサッカーに良くも悪くも影響を与えていることです。

例えば、一人チームにダントツに強い子がいるとします。その子が一人でゴールまで決めてしまうと、監督やコーチは、もっと周りを見なきゃダメでしょ、とか、空気を読みなさいなど、その子の長所をつぶしてしまうような発言をしているのを聞くことがあります。

これは、周りのレベルのことも考えてプレーするという面では良いことかもしれませんが、その子のプレーのレベルを落としてしまう危険があります。

外国のチームを見てみてください。メッシやクリスチャーノロナウドなどの選手が、周りのために自分のプレーのレベルを落としている様子など想像できるでしょうか。

また、私も以前、ポルトガル人とサッカーをしたことがあるのですが、子供が一人で行けるところ、パスをしました。そうしたら、親が、「なんで自分でいかないんだ」と怒っていました。日本人なら、逆にナイスパスといってほめていたかもしれませんね。

こうした小さなころからの積み重ねが大人のプロになった時に大きな差として出てくるのかもしれません。

ですから、子供の時の教育をその場限りではなく、大人の世界で活躍できる選手を育てるという観点で訓練することが重要ではないかと思います。

まとめ

いかがでしたか。サッカーは何も技術だけの問題ではないことが分かったのではないでしょうか。

もし、本気で日本のサッカーを強くしたいのであれば、クラブのコーチだけでなく、見守る親や、周囲の環境を変えていく必要があることもわかります。

今後の発展にわたしたち一人ひとり貢献できることを考えてみるのはいかがでしょうか

関連記事

開幕投手

開幕投手予想【2015千葉ロッテマリーンズ】★

マラソン

【スポーツの森ロードレース】エントリー期間とアクセス方法「東京都品川区」

マラソン

【池上本門寺花まつり 家族健康マラソン大会】エントリー期間とアクセス方法「東京都...

トライアスロン

【うつくしまトライアスロンinあいづ】エントリー期間とアクセス方法

日本ハムファイターズの開幕投手予想

開幕投手予想【2015北海道日本ハムファイターズ】大谷翔平が確定★

開幕投手

開幕投手確定【2015東京ヤクルトスワローズ】骨折明けの小川泰弘