結婚生活に会話がない!愛情表現も自由時間も無くなった!なんとかしたい!

 

家事をする女性とスマホを触る男性の画像

結婚は人生において大きな出来事の一つです。

結婚ほど人の心をウキウキさせる反面、様々な思い煩いの原因になると言っても過言ではありません。

誰しも幸せになりたい、と思い結婚します。しかし、多くの人が感じているように、結婚すれば自動的に幸せになれるものではありません。

やはり、夫婦双方の努力が必要です。

では、具体的にどんな努力が必要か考えてみましょう。


結婚生活に会話がない時の改善方法

「夫婦の危機を乗り越える」という本には、夫婦の関係が難しくなっている最大の原因としてコミュニケーション不足を挙げる」とコメントしています。

確かに、コミュニケーションは、家庭をストレスから守る者ともなりますが、それが原因で、夫婦の関係が悪くなるという事も事実です。

では、良いコミュニケーションを図るうえで何が助けになるでしょうか。

一つに、「話す時を見極める」事ができます。

例えば、相手が疲れていたり、イライラしているときに、難しい家計の問題や、子供の学校の問題をやみくもに話すならどんな結果になりますか?

もちろん、夫婦ですから、自分の心配事を相手に話す権利が自分にはあると思いたくなるかもしれません。

ですから、相手が話を聞いてくれそうな状態になるまで待つ事が出来るかもしれません。すぐに話し合わなければならない問題があるときはどうすれば良いでしょうか。

話を聞いてくれそうな状況を作る事ができます。

相手に対して優しい言葉をかけたり、好きな料理やお酒などを振る舞う事もできますね。

なんで自分がこんなことまで、と思いたくなるかもしれませんが、そこはぐっと我慢しましょう。言葉は刃物になってしまう事もありますが、冷たい氷を溶かす暖かい陽射しにもなります。

自分の言葉は相手にどう受け止められているか、一度じっくり考えてみるのはいかがでしょうか。

結婚後の愛情表現がないときは?

恋愛期間にはできた愛情表現が、結婚するとなくなるということがあります。

なぜ、そうなってしまうのでしょうか。

一つの原因として、本来結婚してから行うようなことを結婚前に行いすぎることを挙げられます。

例えば、結婚前にセックスをすることや、同性することなど、夫婦にならなくても出来てしまうので、結婚しても関係がそんなに変わらないという感覚に陥ってしまうのです。

できれば、結婚は特別なもので、相手も自分だけの特別なものという感覚がずっと続けば結婚生活で愛情を示しやすくなるかもしれません。

結婚生活は誰のもの?

例えで考えてみましょう。もし、自動車を乗る時に、自分のものではない自動車を乗るとします。

誰かのものを借りて、それをずっと使い続けるとしたらどうでしょうか。

自分のものではないので、責任感や愛着が感じにくいかもしれません。

それよりも、名義を変更して、自分のものとして所有する方が、喜びや満足感も増していくのではないでしょうか。

借りているときは、できなかった改造ができたり、いつでも自由に乗ることができます。同じように、結婚は単なる婚姻届にハンコとサインを押しただけの関係ではありません。

借り物の関係ではなく、自分にとって最高のパートナーに出会えた喜びを感じるものです。ですから、交際中以上に愛情表現をするのはどうでしょうか。

「愛している」という言葉や、肉体関係、デートなど二人の時間をもっと共有しましょう。

もちろん、生活がありますので、現実はそう簡単ではないかもしれませんが、それでも、照れずに愛情を表していきましょう。

結婚後は自由時間がなくなるの?

結婚すると、独身の時のようにはいきません。配偶者のことも考えた時間配分が必要になります。

今までは全ての時間を自分のために使うことができましたが、相手のために時間を振り分けるのは、時としてストレスになります。しかし、上手に行えば、それは楽しいひと時となります。

夫婦の時間を短くてもとる

例えば、仕事や付き合いが忙しすぎて、定期的に二人の時間を取るのが難しいことはあるでしょうか。

たまに、連休の時にまとめてどこかに遊びに行けば良いと考えることもあるかもしれません。しかし、大切なのは、まとまった時間ではなく、定期的な時間です。

子供がいるとそうした時間は子供に奪われてしまうかもしれません。しかし、子供がいたとしても、夫婦の二人だけの時間を取ることは大切です。

どこかに出かけるだけではなく、ちょっと公園で散歩するとか、テレビのスイッチを消して今日の出来事を語り合うだけでも素敵なひと時になるのではないでしょうか。

「今日はどうだった」の一言など、小さな事柄の積み重ねによって絆が強まって行きます。これは愛情表現とも関係があるかもしれませんね。

まとめ

ある夫婦は、日中に電話したり、メールしたりしているとのことです。理由は、「どうしてるかな、と思って」と語っています。この夫婦は、結婚してから19年になりますが、今でも幸せな結婚生活を送っているそうです。

このように、夫婦の愛情は自動的に育っていくものではないことを考えてくることができました。

では、愛情を表現しあい、夫婦の時間を大切にし、一つ一つ積み重ねて、より幸せな家庭を築いていきましょう。

関連記事

話し合いをする外国人の男性と女性たち

他人と話し合うのはなぜ?良い点は褒めるべきなの?

バーベキュー

名古屋港でバーベキューはできるの?周辺施設の紹介「手ぶらOK」

お歳暮の写真

お歳暮の歴史と由来は?誰に何をいつ贈ると喜ばれるの?

除夜の鐘

除夜の鐘の正しいつきかたは?強さと回数と間隔について。

進研ゼミ小学講座の資料請求をしてみた感想。幼稚園児~10歳のお子さんのママの体験...

家庭のベトナム料理がおいしそうな画像

【ベトナム料理】家族で食べるのにお勧めのベスト10