【桜の開花予想】北海道の標本木はどこにあるの?

 

北海道神宮の桜
(引用元:YouTube)

桜の開花予想が行われる際に、気象台や観測所にある桜の標本木の開花状況をもとにして開花状況を知り、そして発表されます。

北海道にもその標本木が存在し、毎年桜の開花予想に貢献しています。

では、北海道の標本木は一体どこにあるのでしょうか?

 

北海道の標本木はどこにあるの?

北海道の標本木はどこなのか?

実は、北海道の桜の標準木は2012年春より、中央区にある札幌気象台敷地内のソメイヨシノに変更されております。

2011年春までの標本木は北海道神宮にあるソメイヨシノでしたが、その標本木が樹齢約80年の老木となったことから、札幌気象台敷地内のソメイヨシノに変更されたのです。
(情報提供者様:桜マン様)

2011年春までの標本木の住所は?

2011年春までの標本木の住所はこちらでした。

【北海道神宮】
札幌市中央区宮ケ丘474

この頃の標本木は札幌市の北海道神宮にありました。

北海道神宮と言えば札幌まつりで賑わう有名な神宮ですね。

そんな北海道神宮に桜の開花予想に使われている標本木があるあったということを知っている人は非常に少ないので、豆知識として覚えておくと、ちょっとしたときの雑学披露にもってこいです。

関連記事

【佐久間ダム公園の桜】見頃の開花時期が2月からのお花見「ライトアップは?」

立春大吉と七福神のイラスト

【立春大吉の札】どんな意味があり、いつまで貼るのか?

喪中ハガキを身内に出す範囲。義祖父母や配偶者の兄弟の場合

駅員さんと電車の写真

【痴漢に間違えられたとき】最善の行動は?無実を訴えるべきか逃げるべきか。

育休退園

【育休退園とは】自治体独自の運営ルールに賛否「イラストで説明」

藤

【藤まつり】愛知県江南市の「曼陀羅寺公園」ブロガーの評価を「口コミ風」にまとめま...