【お正月のしめ縄】翌年も繰り越して使うことは出来るのか?その理由は?

 
お正月のしめ縄飾り

お正月はしめ縄飾りを神棚などに飾り「今年も一年が過ぎ、新しい一年が始まる」ことを実感しますよね。

では、このしめ縄飾りについてですが「来年も同じしめ縄飾りを使っても良いものなのか?」という疑問をもったことはありませんか?

当然毎年新しく飾るというイメージが強いしめ縄飾り。

現代でも同じことが言えるのでしょうか?

このページではしめ縄飾りを毎年新しく飾る考えと、複数年使う考え方について紹介していきます。

 

お正月のしめ縄飾りは毎年新しく飾るものだった

元々、お正月のしめ縄飾りは毎年新しく飾るものでした。

理由もしっかりしていて、しめ縄には神様が降りてきていると考えられているからです。

「降りてきた神様を天に送り返す」ために、飾り終わったしめ縄は神社に持っていき燃やしてもらうなどをしてもらうのです。

忙しい毎日の中でもしめ縄を飾るという習慣を大切にしている人であれば、複数年同じしめ縄を飾るのではなく、その都度きちんと神社にもっていくなどして縁起の良い扱いをしましょう。

しめ縄は翌年も再利用した方がいいという考え方もある

先に紹介したように、本来であれば毎年新しいしめ縄を飾った方が良いということがわかりましたが、中には複数年同じしめ縄を使った方が良いという考え方もあります。

どういうことかと言うと、しめ縄を毎年新しくするということは、使い終わったしめ縄飾りは毎年燃やすことになるので「環境問題」を気にしている人にとっては燃やしたくないということが優先されるということです。

これも一つの考え方なので、どちらが良いのかという答えはその人にとって何が大切なのかで変わってきます。

神様への礼儀を大切に考えるのであれば毎年新しいしめ縄を用意するべきですし、環境問題への配慮を優先するのであれば同じしめ縄を何度も使うという選択もあります。

しめ縄飾りを飾る本質的なことを考えるのであれば毎年新しいものを用意するのが好ましいでしょう。

お正月のしめなわ飾り まとめ

お正月のしめ縄飾りについてまとめると・・・

  • 毎年新しいしめ縄飾りを用意するのが理想
  • 環境のことを考えて複数年利用する人もいる

ということがわかりましたね。

しめ縄飾りを飾るということは、神様に対する思いがあるということのあらわれだと思います。

せっかく飾るのでしたら毎年新しいものを用意することをお勧めします。

関連記事

神戸でクリスマスデート☆イルミネーションとケーキとディナー♪

外国人講師の女性

【英会話】無料レッスン体験をオンラインで受ける方法は?予約なしでも受け放題「退会...

赤と青と白の柄が綺麗な提灯

【提灯とは?】歴史は中国から?盆提灯との違いは?「提灯祭り紹介」

屋形船で品川発の乗合はあるのか。もんじゃを食べたい。

Apple Store アフィリエイトでゲームアプリのリンクの作り方

ボジョレーヌーボーの種類とおつまみを紹介するワインの画像

ボジョレーヌーボーの種類とおすすめのおつまみ。飲み方も。