新入社員が辞めたくなる【深刻な理由5選】後編

 


 

新入社員が辞めたくなる【深刻な理由4~5】

前半の1~3を見ていない方は
先に見ておくと良いと思います。
新入社員が辞めたくなる【深刻な理由5選】その1~3選

4 仕事が難しくてついていけない

「業務内容が難しい」「わからない」「ついていけない」

新入社員のほとんどが悩むことです。

理由は簡単で、新人だからなんです。

はじめて務める職場で、はじめから
全ての業務が全うできて
先輩の力も借りず
バリバリ働くことができる。

そんな新人がいたら理想的ですが
実際はそうはいきませんよね。

スポーツであれば筋力トレーニング。
音楽であればボイストレーニング。
習字であれば姿勢を正すところから。

会社だって、その会社の
基本を学ぶことが必要なんです。

その期間は基礎作りのために
分からないことを学んで
しっかり身に付けていきましょう。

退社して次の会社に就職しても
またその会社での基礎作りが
再スタートするだけ
ですよ。

いま指導してくれている先輩に
しっかりついていき
追い越す気持ちで学びましょう。

5 拘束時間が長くて辛い

会社の拘束時間は長いです。

労働時間が8時間と休憩1時間。
通勤時間が1時間だったとして
10時間は会社のために時間を
費やしていることになります。

睡眠を8時間とるとすると
遊んだりテレビを見たりできる時間は
たったの6時間しかありません。

さらに新人なので仕事が残ってしまい
残業に2時間費やしてしまうと、
自由になる時間は4時間ほどです。

その夜時間で
会社でできなかった仕事を
家で片づけようとすると・・・。

「もう自分の時間なんてない!」っと
退社を決意することも多いです。

kousoku

しかしこれは新人だからではなく、
会社に勤めている以上はつきまとう問題です。

むしろ役職が付き責任が増えるほど、
退社時間は遅くなり、出勤時間は早まることも。

拘束時間が長いのは
お勤めでは当たり前なので
どの職場に転職をしても解消はされないでしょう。

解決方法としては
新人の間は自身のスキルを高め
仕事を時間内に収める。

責任なるポジションについたときには
部下をしっかりと教育して
仕事を早く正確にできるように育てる。

それが嫌なのであれば、
あなた自身で理想の会社等を
立ち上げるほかありません。

会社勤めである以上は
時間は会社に拘束されるものです。
新人の転職はそれを悪化させるだけなので
今の会社でスキルを伸ばすことに注力しましょう。

新入社員が辞めたくなる理由 まとめ

はじめての会社勤めは
戸惑うことばかりですよね。

悪いところ、嫌なところばかり見ていると
状況は悪化するいっぽうですよ。

見ているポイントを変えることで
あなたの職場も素敵な環境になるかも知れません。

失敗ばかりを悩むのではなく
日々の成長に目を向けてみたり

嫌いな上司を意識するのではなく、
気になる異性に意識を向けてみたり、

安月給を見るのではなく
雇ってもらえていることに感謝する。

それだけでも
今の生活が明るく開けていくはずです。

もしも退職を選ぶのでしたら
お勤め以外の生き方を
探すのも一つの方法なのかも知れません。

例えばこんな人たちもいます。

イラストが描けるのでそれを仕事にした人。

ブログ運営で広告費を得ている人

会社勤めに希望を見いだせない方は
会社勤めをしないで生活している人たちに
相談してみると良いかもしれませんね。

関連記事

新入社員の悩み前編

新入社員が辞めたくなる【深刻な理由5選】前編

キラリ

【転職理由を前向きに】女性のための「キラリ返しトーク術」

バリ島のビーチの画僧

【世界の変わった仕事】リゾート地や博物館。ひたすらロボットに話しかける仕事も!

就職活動のスーツ

体育会系の仕事【アスリート就職ナビ】スポーツ業界で働くには?「登録無料」