5月の花火大会【篠田の花火】滋賀県近江八幡市「開催時間とアクセス方法」

 

花火の写真

毎年5月4日に楽しむことができる篠田の花火の開催時間とアクセス方法に関する情報を中心にご紹介します。

篠田の花火は古式花火(和火)という珍しい花火を楽しむことができます。

古式花火は、イオウや硝石などを練り合わせた火薬を板の上に張り付けてパネルに表現する仕掛け花火です。

とても特徴的で北見る花火とは一味違うので、動画を用意しておきました。



こんなに神秘的な古式花火が見られる篠田の花火の開催日時から紹介していきます。


2015年5月4日開催

気になる2015年の開催日は5月4日です。悪天候だった場合には翌日の5月5日に開催されます。

あくまでどちらか一方の開催なので、基本的には5月4日が開催日だと覚えておきましょう。

開催時間は20時から22時頃が予定されています。

開催日
5月4日(月)
20時~22時予定

予備日
5月5日(火)

5月5日はあくまで悪天候時の予備日と覚えておきましょう。

アクセス方法

当日は道の混雑が予想されるので、出来るだけ公共交通機関を利用することがお勧めです。

最寄駅JR近江八幡駅

JR近江八幡駅でバスに乗り換えて10分ほど移動します。バス停の上田を下車して徒歩5分ほどで目的地到着です。

仮にJR近江八幡駅からバスに乗らず徒歩で移動しても30分ほどで到着するので、散歩がてら歩いて向かうのも良いですね。


藤田神社を目的地にして向かいましょう。

渋滞を回避するヤフーの無料アプリ

問合せ先等

篠田の花火に関する問い合わせ先はこちらです。

篠田の花火は国選択無形民俗文化財に選択されています。

篠田の花火は、国選択無形民俗文化財に選択されていますが、全国的にも珍しい火薬を使用した祭事です。
製作期間は板の乾燥を加算すれば約10ヶ月を要し、高さ10m、幅22mの大きさです。毎年のテーマを基に、毎年違った絵が硫黄を主火薬として描かれます。
点火時の激しい「動」から、絵が浮かび上がる数分間の「寂」の世界に魅了される人々は多く、県内外から多くの愛好者が訪れています。
なお、当地域には、種子島鉄砲が伝来してからわずか12年後に火薬製造技術が伝来したとされ、花火に応用されたのは享保の頃からと伝えられています。現在も花火の製造は基本的に篠田神社氏子が中心に制作されています。

篠田の花火 まとめ

普段とは一味違う描き出される花火に酔いしれましょう。

カピバラのいる動物園【さわれるから行きたい特集】人気グッズも紹介☆

【さくらんぼ狩りで食べ放題!】関東で楽しめる人気の3スポット

ステキな花火大会を満喫してください。

関連記事

潮干狩り

潮干狩り中止2017【和歌山市】加太潮干狩り場と片男波潮干狩り場「再開は何年必要...

潮干狩り

無料で潮干狩り【御殿場海岸】三重県津市「あさり・バカ貝・マテ貝」

浴衣

【浴衣のイラスト】無料で利用できるフリー素材サイト特集

潮干狩り

【無料で潮干狩り】三重県で見つけた厳選2選「御殿場海岸・高松海岸」

大分県の潮干狩りの中止情報を紹介する画像

潮干狩り中止【大分県 2017年】臼杵の浜、杵築城下であさりが育たず

潮干狩り

無料で潮干狩り【吹上浜】鹿児島県南さつま市の「あさり」と「ナミノコ貝」