香川真司栄光の背番号23復活!「ブンデスリーガ連覇の原点回帰」

 


サッカー日本代表の香川真司選手が所属チームのドルトムントで背番号23を付けることが話題になっています。

香川選手の背番号23は、ブンデスリーガを連覇した際に付けていた思い出の背番号

昨シーズンは5得点に終わってしまった不完全燃焼の香川選手。

日本代表の試合でも「コンディションや動きは良い」という評判をうけながらも、得点やアシストといった「目に見えた結果」が出ていない現状に、懐かしい背番号を背負うことで原点回帰し、新監督のもと次のシーズンに挑むという気持ちの表れのようにも感じますね。


背番号23の実績

背番号23で挑んだドイツブンデスリーガの舞台。

そこでの実績は華々しいものでした。

2010-2011 年間ベストイレブン

この年はチームとしても個人としても、充実したシーズンとなりました。

チームは9シーズンぶりのリーグ優勝を果たし、香川選手個人としても18試合で8得点と、MF登録選手でありながら、2試合に1点のペースで得点をあげる活躍を見せました。

FIFAが発表する期待の若手選手13人の1人にも選ばれ、ブンデスリーガの年間ベストイレブンにも名を連ねるなど、「香川真司」が世界に羽ばたいたシーズンとなった。

2011-2012 3ヶ月連続ベストイレブン

ドルトムントでの2年目。

この年、チームはブンデスリーガ2連覇を達成。

香川選手も31試合13得点という活躍をし、3ヶ月連続の月間ベストイレブンに選出されるなど、個人としてもチームとしても充実したシーズンを送った。

ドイツ代表のチームメイトのマリオ・ゲッツェ選手からは「トップ下としてヨーロッパナンバーワンプレーヤー」と絶賛され、同じくドイツ代表チームメイトのマッツ・フンメルス選手からは「悪魔的な怖さを感じる、味方で良かった」という褒め言葉を受けていた。

マンチェスター・ユナイテッドFC

この背番号23を付けた2年間の活躍が、超名門・イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドFCへの移籍を実現させるほどの実績となった。


日本代表10番

ブラジルワールドカップでは予選敗退、アジアカップでは優勝を逃し、アジアの王座からも陥落してしまった日本代表。

多くのサッカーファンが「結果」を求めている中、その責任を一身に背負う代表のエースナンバー「背番号10」。

「悪魔的な怖さ」と表現された栄光の背番号23は、日本代表に勝利をもたらす「結果」を見せてくれるのではと、香川選手のファンは期待をくくらます出来事となりました。

七夕に川崎フロンターレと親善試合

そんな香川選手、7月7日の七夕に行われる川崎フロンターレの試合へ向けて始動中。

日本人チームメートの丸岡満選手も参加メンバーに名前が入っていたので、日本人2人の活躍にも注目が集まります。

川崎フロンターレといえば、その得点力でブラジルワールドカップにも出場した大久保嘉人選手。

先日のやべっちFCでは香川選手と仲のいい姿を見せていましたが、試合では火花を散らすのでしょうか。

目が離せない選手

背番号が変わった、ただそれだけで注目度が高まる香川選手。

日本代表に再び光を見せてくれるのか、期待が集まります。

関連記事

マラソン

【スポーツの森ロードレース】エントリー期間とアクセス方法「東京都品川区」

マラソン

【池上本門寺花まつり 家族健康マラソン大会】エントリー期間とアクセス方法「東京都...

開幕投手

開幕投手確定『ディクソン』【2015オリックス・バファローズ】★

開幕投手

開幕投手予想【2015千葉ロッテマリーンズ】★

マラソン

【佐渡トキマラソン】エントリー期間とアクセス方法

開幕投手

開幕投手確定→『牧田』【2015埼玉西武ライオンズ】★