【花粉症の喉の痛み】抑え方と痛めない対策。「お茶やネギの効果」

 

のどの痛み

花粉症に関連する喉の痛みの抑え方についてのページです。

喉の痛みを抑えるためにお茶でうがいをしたり、ねぎを巻いてみたりと、昔から有効とされている方法は本当に良いものなのか?

そもそも喉を痛めないためにはどうしたらいいのか?

そんな視点で花粉症の季節ののどの痛み対策を紹介していきます。

花粉症の喉の痛みを抑える対策

まずは、のどの痛みを抑える方法をいくつか載せておきます

お茶でうがいをする

お茶に含まれている成分のカテキンには殺菌作用があるため、家庭でも気軽に出来るのどの痛み対策として、お茶でうがいをすることがおすすめです。お茶に限らずうがいをする際は、始めからガラガラうがいをするのではなく、まずはブクブクうがいで口の中をゆすぎ、その後でガラガラうがいをする方法がより良いうがい方法です。

カテキンの多いお茶は?

手軽に用意できるペットボトルのお茶でもカテキンは含まれています。カテキンの量には若干差はあるものの、濃いという表現のあるものを選んでおけば十分でしょう。余談ですが、とくに多くカテキンが含まれているのは特定健康用食品、いわゆるトクホのタイプです。

カテキンは安全?

こちらはウィキペディアから抜粋した内容です。参考までに。

カナダ、フランス、スペインなどでは緑茶カテキン摂取が原因と疑われる肝臓障害が報告されている。またこれまでに、カテキンは従来ヨーロッパにおいて一般医薬品として販売されていたが、肝臓移植まで必要とするような重症例がみられたことを受けて販売禁止措置がとられた。
日本でも茶カテキンを利用した製品は販売されているが、現時点では類似の健康被害の報告は見当たらない。ただし、一度に多量のカテキンを摂取する場合には、飲用方法などに注意する必要がある。

のどにねぎを巻いて痛みを抑える

冗談のようですが、効果のある方法です。ねぎに含まれているネギオールという成分が菌やウイルスに対抗する作用をもっているので、のどの炎症を抑える効果があります。決行を良くする効果もあるので身体も温まり、相乗効果でのどの痛みを和らげてくれます。

ねぎを喉に巻く方法

よくイメージされるねぎの巻き方は、丸々一本首に巻く方法ですが、のど側にねぎが来るように巻けばいいだけなので、効果の高いねぎの白い部分をのみをガーゼやタオルなどで包んでしまい、ねぎがのどの方にくるように巻いてしまえばOKです。その際、ねぎの大きさは大体で大丈夫ですが、迷った時は鍋にいれる時くらいのサイズをイメージすると良いでしょう。


花粉症で喉を痛めない対策

のどを痛めないための対策です。

うがいで対策

痛みを抑える対策にもありましたが、うがいをすることは大きな対策効果があります。帰宅時のうがいには乾燥したのどに潤いを与える効果もあり、のどが傷つくことを抑えてくれます。お茶以外にもぬるま湯やうすい塩水を利用したうがいもお勧めです。塩水を使う時は濃い塩水ではなく痛くない程度に薄めたもので大丈夫です。

塩水でうがい

塩水を使用したうがいは一昔前では当たり前の方法でした。最近は鼻うがいのために塩水を使うことが注目を浴び始めていますが、じつは塩水を使ったうがいは江戸時代には既に取り入れられていた健康習慣とも言われています。

喉の乾燥を避ける

のどが乾燥してしまうと、細菌やウイルスに対抗する力が弱くなってしまいます。冷暖房のかけ過ぎによりのどの乾燥をおこしてしまうので、室内にいるからといって対策を行わないでいると、のどを痛めたり、風をひいてしまう原因にもなってしまうので気をつけましょう。湿度計を設置するなど湿度の変化をチェックし、出来るだけ湿度40%以上を保つようにすると、のどの乾燥を防ぐことができます。

湿度を保つ簡単な方法

部屋に濡れたタオルを置いておくだけでも、湿度を保つ効果があります。他にもコップに水を入れて置いておくなど、室内になにか水分を置いておくことでも、簡単に湿度の低下を防ぐことが可能です。

マスクで喉を守る

花粉症対策の必需品マスク。マスクにはのどを乾燥から守ってくれる効果もあるので、積極的に利用すると良いでしょう。あまり長期間の利用をすると、マスクのゴムひもが当たる耳の後ろが痛くなってしまく事があります。そうならないためのゴムひもの太いタイプのマスクもあるので、今までに耳が痛くなってしまったことのある方は、ゴムひもの太さに注意して購入してみると改善されると思います。

下の商品はゴムひもが目立たない程度に少しだけ太くなっていて、値段もお買い得なマスクです。たくさん使うことになるので、お得な30枚セットでまとめ買いをする価値は十分あると思います。

コストパフォーマンスに満足です↑

花粉症を食べ物で対策

食べ物の持つ力に助けてもらいましょう。

ビタミンやミネラルをしっかり取る

ビタミンをしっかり取って、新陳代謝を活発にしましょう。新陳代謝が良くなることで荒れてしまったのどの粘膜を回復してくれる作用があります。のどを痛めてしまった時もそうですが、普段からビタミンが不足しないように心がけておくと良いでしょう。のどに良いビタミンは特にビタミンC、ビタミンB2、B6です。

ビタミンの多いメニュー例

クックパットより厳選

ビタミンC
【豚バラ】セロリ、赤ピーマンのレモン炒め

ビタミンB2
大根ときゅうりの明太子サラダ

ビタミンB6
トマト風味のロールキャベツ

全部入り
超簡単 栄養たっぷりナッツトースト

花粉症ののどの痛み対策 まとめ

栄養をしっかり取る!
のどの痛みを改善するには体の力を引き出すことが一番です。そのためにはしっかり栄養のあるご飯を食べて、体調管理をすることが大切になってきます。花粉症の場合、花粉によるのどの痛みというよりは、鼻水が弱ったのどについてしまい、菌に負けてしまうと痛くなってしまう傾向もあります。菌に負けない体になって、つらい季節を乗り切りましょう。

このページを見た人はこちらも見ています

辛い花粉症の最新鼻水対策

辛い花粉症の最新苦しい鼻づまり対策

辛い花粉症のモーニングアタック対策

辛い花粉症の下痢、腹痛対策

辛い花粉症対策のお手軽グッズ一覧

しっかり対策しましょう!

関連記事

花粉症1-1

辛い花粉症の最新苦しい鼻づまり対策

アトピー

【花粉症とアトピー】悪化の関係と対策。黄砂にも注意!

花粉症の女性のイラスト

【花粉症の目やに対策】予防方法と原因は?

目やに

辛い花粉症の目やに対策

鼻水対策

辛い花粉症の最新鼻水対策

モーニングアタック

辛い花粉症のモーニングアタック対策