辛い花粉症の最新苦しい鼻づまり対策

 

体の底力を利用する

本来体が持っている力を発揮しましょう。大人にだって赤ちゃんにだって、その力は宿っています。

食事による改善

しっかり野菜を食べて、魚も食べて、味噌汁をや緑茶を飲んでと、普段の食生活を見直すことで花粉症に対する反応を弱めましょう。「乳酸菌をとりましょう」とか「青魚を食べましょう」など、細かくは色々とありますが、要するに好き嫌いなく色々なものを食べましょうということです。花粉症の症状事態を抑えて鼻づまりも一緒に改善させましょう。

体を軽く動かす

体を動かしていると次第に鼻づまりが治まっていくことが多いです。動いたことにより体の優先順位が花粉を取り込まないこと以上に酸素を取り込むことを優先してくれるのかも知れません。とにかく実際に改善されることが多いので試してみてください。

顔を温める赤ちゃんにもおすすめ

鼻がつまっていてもお風呂に入ると改善されていることがありませんか?血流が改善されることによる効果や、お風呂の湯気が鼻の中を掃除してくれるからだと考えられています。その都度お風呂に入ることができればいいのですが、なかなかそうもいきませんので、温かいタオルで鼻周りを温めることや、スチーマーなどを活用して温かい蒸気を顔に浴びることも効果的です。赤ちゃんの顔にタオルをあてる時は、息がしにくくならないように優しくあてるようにしましょう。

脇に物を挟む

片方の脇に物を挟むと、反対側の鼻のつまりが一時的に解消されます。例えば右の脇に挟むと左の鼻づまりが解消されるといったものです。交感神経を刺激することによる作用です。手軽に挟めるペットボトルボール等、身近にあるもので試してみましょう。

脇に挟むものがなくても、マッサージをする要領で行える対策動画も載せておきます。

花粉を取り込まないようにする

花粉症の原因である花粉を取り込まないようにしましょう。

厚めのマスクをする

花粉症対策の基本中の基本です。マスクをして花粉の侵入を減らしましょう。温める効果で鼻づまり解消も期待できるので、少し厚めのタイプを選ぶと良いでしょう。人前でも自然な対策として有効ですね。花粉症対策でマスクをかけていると、同じく花粉症対策で登場するメガネが曇ってしまうという問題がありましたが、今ではメガネが曇りにくいマスクも販売されています。

室内に入る前に花粉を払う

花粉が付いたまま室内に入ってしまうと、室内にまで花粉を持ち込んでしまうことになります。部屋で気持ちよく過ごすためにも、少し花粉を払ってから室内に入るように心がけましょう。

部屋の湿度を上げる

乾燥している状態では、花粉が舞いやすくなってしまいます。湿度を上げておくことで花粉が重たくなり、空気中に舞い上がることを防ぐことができます。

空気清浄器を利用する

室内の花粉対策のために、空気清浄機の活用もお勧めです。湿度を調整してくれるタイプのものもあるので、湿度が下がることを防いでくれる効果も合わせて花粉対策になるでしょう。

薬や治療で改善する

職場など、外出先ではなかなか出来る対策も限られてしまいます。そんな条件の中でも薬を使うことで一時的に抑えることができます。

内服薬で改善

病院で処方される薬で改善を目指します。医師の指示通りにしっかりの飲み続けることで、鼻づまりがかなり改善されることがあります。

点鼻薬で改善

病院で処方される点鼻薬を使用して鼻づまりを改善します。こちらも医師と相談しながら利用することをお勧めします。

手術で改善する

体質改善や環境の改善、薬などでも改善できない時は、手術を行うという方法もあります。現状の症状をよく把握してくれているかかりつけの医師への相談をお勧めします。

鼻づまりのまとめ

体が喜ぶことをしましょう。適度な運動をすることでも鼻づまりが治まり、体を温めることでも治まり、バランスの良い食生活を行う事でも治まる。要するに、体が少し喜んでくれそうなことをすると、鼻づまりが解消されていきます。初めから薬に頼ってしまうと、体が本来持っている鼻づまりと戦う能力を発揮できなくなってしまうかも知れません。出来るだけ体の力を発揮させる方法で対策を始めていくことをお勧めします。

このページを見た人はこちらも見ています

辛い花粉症の最新止まらないくしゃみ対策

辛い花粉症の最新苦しい鼻づまり対策

辛い花粉症のモーニングアタック対策

辛い花粉症の下痢、腹痛対策

辛い花粉症対策のお手軽グッズ一覧

しっかり対策しましょう!

関連記事

遅発相反応

花粉症の症状が遅れてやってくる理由は?【遅発相反応】

おむつの赤ちゃん

【おむつケーキ】出産祝い人気NO.1の実用的なプレゼント「もらって嬉しい」

アナフィラキシー

花粉症とアナフィラキーショック

赤ちゃんのイラスト

赤ちゃんと冬のお風呂。毎日の回数や温度と一人で入れるポイントは?

下痢、腹痛

辛い花粉症の下痢、腹痛対策

花粉症の女性のイラスト

【花粉症の目やに対策】予防方法と原因は?